脳愛マッチ

0  

アイデンティティ合成希望者向けの脳出會い系サービス

YAML 想法

現代社會では、生物學的な生殖能力よりも知的創造性が重要視されるケースがますます増えていますが、自然の進化はその(創造性の)行動にオーガズムみたいな刺激さを作るよに進化されませんでした。

でも、ある人(例えば私)、両方の個人情報の制限を超えて、數學・物理學・情報學などに詳しい戀人と一緒にお互いの作り物を保護して、お互いの個人情報を処理して、お互いを最適化することは人生の幸せの必要條件なんです。子供の頃から、好きな女の子となにか有意義なことを作りたいと思ったら、それは、物理的な創造(つまり、一緒に研究/開発)するしか考えられなかったです。

しかし、普通のティンダーみたいな出會い系サービスはこの「創造性慾」の種類には全く合わないし、就業サービスも合わないです。

もし、メールボックスから、ゲノム配列データや「ニューラルリンク」による脳のつながりまで、色々に共有するからお互いのネット上のアイデンティティを合成することはセックスするみたいに感じるなら、それは普通の人の期待と以外なことでしょう。

だから、特定の「脳愛マッチ」サービスを作らなければならないと思います。なんと呼べばいいのかなぁ。

こんな二人の創造効率には職歴、教育と専門知識などが極めて重要だから、こうい言ったサイトは、マッチするのに色々な専門知識クイズは多くて、興味分野に合う補完的なスキルの多い方々をさがして、その方々に協力チャレンジ(例えば、「Kaggle」データー分析最適モデルを競い合いや UpWork(オーデスク)テレワーク人材市場などで面白いチャレンジを一緒に選んで解く)を進むことで、刺激し合って両方の効率を高める脳愛人の探しのに役に立てます。

さて、皆さんはこんなサイトのアイデイアについて、どう思いますでしょうか?こんなサイトなら、仕組みはどうすればより良いでしょか?私の日本語は通じるのか?読みやすくないなら、間違えを教えてください。直して、公的に共有しますから。

更新: もう2つの要點を考えられます。

① 1対1の関係に限定する必要はありません。 職場環境と同様に、色々な人々の部分集合の間で親密な関係が発展する可能性があり、ビジネス環境でシステム資源アクセス管理の許可が柔軟であるように、この種の親密な関係にはバリエーションを許し、柔軟にすればいいと思います。

② プライバシーに関しては、個人情報を共有することは生でセックスすると同じく、適當に準備しないと危険なこととなる可能性があります。 人類の歴史は、個人情報を信頼できない相手と共有すると、人に危険が及ぶ可能性があることを示しています。 したがって、このようなマッチング サービスを安全な場所をつくるために、このサービス提供者は多くのことを行う必要があると思います。プライバシーに関するユーザーの教育から、參加者の氏名確認、保険のオプションなどに至るまでです。




(別通知) (可選) 請,登錄